総量規制対象外の銀行系カードローンがおすすめの訳!

総量規制対象外の銀行系カードローンに関して詳しく紹介している画像

銀行系カードローンの特徴は、何と言っても総量規制対象外で低金利であるところです。消費者金融系のカードローンと違い、金利が低く抑えられているので、お得です。

 

また、安心感があるというのも、1つの特徴になります。銀行が背後にあるということだけで、安心につながります。審査がやや厳しいというのも特徴で、消費者金融系カードローンと比較すると、審査基準は厳しめになっています。

 

最近、銀行系カードローンを利用する人が増えているのは、やはり、低金利と安心感があるからです。銀行系カードローンというのは、銀行そのものではなく、銀行が一部資金を出資して設立された貸金業者が、お金を貸すという仕組みになっています。貸金業者なので、年収の3分の1規制も受けることになりますが、消費者金融よりも最高融資額が高めに設定されていて、枠が大きくなっています。

 

その上、金利も比較的低めになっているので、借りる側からすると、 限度額が大きく、低金利なのでメリットは大きいです。 銀行資本からお金を借りることになるので安心感があり、消費者金融から借りることを考えると、申し込みやすいです。

 

また、銀行カードローンでは総量規制対象外になってくるので年収の3分の1をすでに借りてしまった場合でも、融資を受けることが可能になってくるので消費者金融などで借りることができなくなってしまった場合には総量規制対象外の銀行カードローンを利用するのがいいでしょう。

更新履歴